anonymass

思い出と心中したい

うおおおおおおお!!!!

 

 

amazarashiのライブに行ってきました・・・

 

完全に余韻に浸っている・・・

 

すごいです。あの人たちはすごい。

 

あの人たちが、秋田が作る曲には

 

どうしてこうも私がいるのでしょうか。

 

どの曲にも、前向きな曲にもそうでない曲にも

 

常に自分が描かれているような

 

そんな錯覚をおぼえます。

 

 

私の拙い言葉では表現しきれないくらい

 

してはいけないと思うくらいに

 

素晴らしいライブでした。

 

言葉が出てきません。

 

ライブが終わって、地下鉄で帰って

 

家についてご飯を食べて

 

布団に入った今でさえ

 

涙が出てきます。

 

 

ほかのアーティストのライブには

 

行ったことがないので分かりませんが

 

amazarashiのライブは「魂の叫び」でした。

 

何度も、何も見なくても歌えるほど聴いた曲でさえ

 

初めて聴くかのような気持ちになりました。

 

 

生の迫力ってすごい

 

f:id:hanaway1117:20180603221430j:image

 

 

これがセットリストなのですが

 

最後のスターライトという曲、

 

amazarashiにとっても、多くのファンにとっても

 

そしてなにより私にとっても

 

とても思い入れの深い曲です。

 

その曲のワンフレーズと

 

一言一句再現は出来ませんが、秋田の言葉

 

それで締めたいと思います。

 

 

いつか全てが上手くいくなら

涙は通り過ぎる駅だ

スターライト/amazarashi

 

 

死にたい夜をこえて

今この街に来ています。

いつかまた必ず、この街で、もしくは世界のどこかで、生きて、会いましょう。

秋田ひろむ

 

 

 

とんでもねえ

 

1ヶ月半くらいぶりの更新です。

じめじめしてきましたね・・・雨嫌いじゃ・・・

私が住んでいる北海道は梅雨がないと言われていますが、普通に雨が多い時期とかジメジメする時期はあります。いやじゃ。

 

毎回恒例近況報告〜

突然働き始めました。(笑)

いや、さすがに貯蓄も底を突きそうになりましたし

なによりニート期間に普通に病んでしまいまして

このままではまたメンクリのお世話になってしまう!それだけは避けなくては!

と、いうことで労働を始めたわけです。

数々のクソ職場を経験してきた私ですが、現在の職場は今のところそこまでクソではないです。

短時間しか働いてないからかも知れませんが(笑)

それでもパワハラモラハラだらけだった先代の職場たちに比べれば天国です。

労働が苦痛じゃないって久しぶりの感覚だ・・・

 

まあそれでも慣れない環境に身を置くと疲れるもので

しばらくこのブログも見に来れてなかったわけです。

先程ふと「あ、ブログ・・・」と思い開いてみると

まーたいろんな方に見ていただいたみたいで・・・

6000アクセス超えてましたね。ありがとうございます。

 

なんか更新するたびに1000くらいずつ増えてない?

って思ったんですが単純に私の更新ペースが遅すぎるんですね。そういうことか。気付き。

 

書きたいことたくさんあるなあと思うのですが

実は今週末の日曜、だいすきなamazarashiのライブに行ってくるので

そのライブで感じたことも踏まえて色々書けたらいいなと思いますので

今回も短いですがこのあたりで失礼致します!

 

読んでくれたみなさんにいいことありますように!!

 

おつかれさまでした( ¨̮ )︎︎

 

P.S.内容が味気ないのでうちの猫の写真載せておきます。

 

f:id:hanaway1117:20180531191604j:image

 

 

慢性的な寂しさと虚しさ

 

みなさま、大変お久しぶりです。

 

2ヶ月以上放置しているあいだに、総アクセスが5000を超え6000に乗りそうになっていました。

びっくりですね。大したこと書いてないのに。

なにはともあれありがとうございます。

 

 

書きたいことがある時だけ更新されるこのブログですが

今日も今日とて書きたいことがあったので

更新しようかなと思います。

 

 

 

その内容とはつまり、

 

自分が抱える慢性的な寂しさについて、です。

 

寂しいという感情は、誰しもが1度は抱いたことがあるものだと思いますが

「慢性的」というところがネックになってきます。

 

まず、慢性的という言葉の意味を明確にしておきましょう。

 

慢性的とは、

【症状や程度はそこまで酷くはないが長引く病気の性質】

ということです。もっと簡単に言えば

酷くはないけどずるずる続くもの、みたいな感じですかね。

 

 

わたしは常日頃、寂しさを感じます。

家にいる時、猫と遊んでいる時

外に出た時、買い物をしている時

ゲームをしてる時、本を読んでいる時。

いつでも寂しいです。

正確には、一人でいる時、という条件付きではありますが。

 

「一人でいるのだから寂しいなんて当たり前だ」

 

という声が聞こえてきそうですが・・・

なんか、そうじゃないんです。

1人でさみしいな、誰かといたいな、と思うのではないのです。

 

 

いざ言葉にしようとすると、難しいものですね。

 

もしかしたら、虚しいという気持ちの方が強いのかも知れません。

 

何をしていても、自分が中身のないがらんどうのような気がしてならないのです。

頭も心も、空っぽ。

何かで満たされたい、寂しい。

でも何をしたら満たされるのだろうか。

 

 

この寂しさとも虚しさともつかない感情を

かれこれ6年ほど抱えて生きています。

 

いまだに、何があれば満たされるのか分かりませんし

満たされたような気持ちがしたこともありません。

 

もしかしたら、幼い頃に母を亡くしたことが関係しているのかも知れません。

 

もしかしたら、数年前に信用していた人に盛大に裏切られたことが関係しているのかもしれません。

 

でも、何が原因かなんて、私にとってはどうでもいいことで

ただ満たされたい。寂しくない、虚しくない、温かいと感じたい。

 

それだけなのです。

 

 

 

やっぱり何を書こうとしていたのか

書きながら考えると吹っ飛んでしまいますね(笑)

最後まで目を通してくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

お久しぶりです

 

やあやあ

皆さんお久しぶりです

はなうぇいです。

 

去年の年末に仕事を辞めてから

何をするわけでもなく

だらだらと日常を過ごしています。

 

次の仕事だとか

お金があるわけではないので

考えてはいるんですけれど

なかなか踏み出せないものですね。(笑)

 

 

そんな私のニート生活ですが

穏やかに見えて全く穏やかではないです。

心の中はいつだってどんよりです。

仕事をしていないことへの焦り

度重なる転職で失くした自信

自分なんか何の取り柄もない、何をやっても続かないんだと

毎日自分を責めてはその落ち込みを言い訳に

職探しを放棄。

そんな自分を嫌悪して・・・の堂々巡り

 

バカとしか言いようがないですね。(笑)

 

そんな時に

前の職場をやめる時に

先輩から言われたことを思い出します。

 

 

あなたは目標を高く設定しすぎる。

そしてそれができないとひどく落ち込んで自己嫌悪する。

人によって出来る出来ないがあるのは当たり前。

あなたは、確実に達成できそうな小さな目標から立てて

ちょっとずつ自信をつけていくことが必要だと思う。

未来のことなんか心配したって仕方ない

未来のことなんかその時にならないとわからない。

だから今をどう生き抜くかだけ考えなさい。

 

これを言われた時

心にグサグサ刺さると同時に

少し救われたような気持ちになりました。

 

『何で自分はみんなと同じようにできないのか』

という積年の私の悩みを

面と向かって叩き切ってもらえたような気がしました。

 

「人それぞれできるできないはある」

 

なんて、聞き慣れた何番煎じかもわからないような

言葉ではあるのですけれど

その先輩が言ってくれたその言葉は

インターネットや本に書いてあるような

不特定多数に向けた曖昧なものとしてではなく

私のことだけを考えて出てきた言葉だ、と

そんな気がしたんです。

 

 

なんかまーたグダグダ書いてしまいました。

このブログの緩さも相変わらず、と言ったところですね。(笑)

 

今回はこの辺りで終わりにしようかと思います。

 

また気が向けば更新しますので

皆さんも気が向いたら覗きにきてください。

 

それでは。

 

 

一年経ちました。



やあやあ

はなうぇいだよ


このブログの開設から

一年経ちました。

なーんも成長してねえなあ!(笑)


一年前はまだ元気で

なんか続けられること探そう!

みたいな感じで

ブログ始めたような気がします。


結局このブログは

私の言葉の掃き溜めみたいになってますが。(笑)



それでも読んでくださっている

皆様には感謝しています。とても。



これからもよろしくね。



余談ですが最近

ストレスが爆発したのか

酔っている時に暴れたようで

家族に取り押さえられました。(笑)

久しぶりに抑えられたよ。(笑)


早く今の職場から解放されたいです。(笑)




しょーもない人生だな!!


おやすみ



ちょっと思い出したので



やあやあ

はなうぇいです。


私ごとですが、17日でまた一つ歳をとります。

歳はとりたくないものですね。(笑)



さあ、そんなこんな(?)で

今日なんとなく友人と過去の恋愛の話になったので

ふと思い出した話でも書こうかと思います。


私には中学生時代、

ずっと片思いをしている相手がいました。


途中で好きかどうなのかわからなくなり

特に意識することがない時期はありましたが

卒業が近づくにつれ、

「自分はこの人が好きなのだ」

と確信を得ていくような相手でした。


卒業して数ヶ月

高校の生活にも慣れた頃です。

当時はちょうどまだメール利用者が多かった頃。

すっきりしたくなってしまって

メールで告白してしまいました。


告白といっても

「実はかなり前から好きだったんだよねえ」

みたいなゆるい感じのです。

意気地なしですね。(笑)


そしたら相手の方は

「ごめん、その気持ちには応えられない」

「とりあえず今度一回中学のメンツで遊ぼうか!」

といっていました。



私は確かにこの時傷付きました。

ああ、振られたんだな、と。



ですがある程度大人になってしまった今なら

この人がどれだけ優しかったのかわかります。


できるだけ相手を傷付けないようにする、尊重する優しさ

好きでもない異性から好意を向けられて

ここまでできる人ってそうそういないですし

私が相手の立場ならメール拒否します。(笑)


こんな人と一緒になれていたなら

私の暗黒期なんて訪れなかったのだろうな、と。

そんなことをお酒の勢いで思ってしまったので

なんとなくここで懺悔です。



彼には純粋に幸せでいてほしいです。

恨みとかは一切ありません。

唯一私の気持ちを正面から受け止めて

まっすぐな答えをくれた人だからです。





もうなん年前の話なんですかね(笑)

こんなこと思い出すなんて

滅多にないことなのですが…(笑)


まあそれも許してください

明日誕生日なので。(笑)




ということで

オチもなにもありませんが

今日はこれにて終了です。


おつかれさまでした!



白ゆき


毒を飲み込む前に
五畳の一間で、夏を見下ろすように
あの日のことを思っている

「春の河原の前を歩いたあの日は、
夜を忘れるような陽の射す朝で

河川のベンチには眠る、誰か。
まるで黒檀だった。黒い髪、眠った春がいた。

まだ心臓に残ってる毒が、
嗚呼、狂ったみたいに胸を突いていた。」

咲いて snow white 今日も笑って泣いてもう、
もう一回僕らの長い人生に気取ってキスしたら

最低な、愛な、甲斐性なしな論理で
もうちょっとだけ忘れる努力とか


「毒を飲み込む前にあの頃のことを
人並みにもなれずに歩いた僕の、今までのこと。

嫌いになったのは夢と明日。
誇れるものなんて肥大した自尊心だけだった。
春に出会ったあの人の顔だけ。覚えてる筈が胸に霞んでいく。」

そうだ snow white 泣いて 気取ってないでもう、
もういいよ、貴方の記憶なんか笑って手を振れよ

最低だ 死んでしまうなら今日だと思った
もうずっと誰に期待もされぬまま


水差しを窓に置いて くすねた毒を注いで 乾いた紙に綴った
「結局僕には何もなかった」

全てが虚しくなって 紙切れを空に放って 毒水を口に含んだ

貴方のことを思い出した。


snow white 泣いて笑って憂いて
もうなんで貴方の眠ってる顔が浮かんで消えなくて

最低だ

咲いて snow white どうか笑って泣いてもう、
もう一回僕らの長い人生に気取ってキスしたら

最低な、愛な、甲斐性なしな論理で
もうちょっとだけ貴方を探せたら
もう一歩だけ歩いてみれるかな