anonymass

思い出と心中したい

適応障害ってなんぞや?

 

やあやあ

はなうぇいでございます。

 

今日は、前の記事で振っておいたお話しをさせていただきます〜

 

 

 

適応障害ってなんぞや?

 

先日メンクリにて『適応障害じゃね?』と言われた私はなうぇいですが

適応障害について、非常に知識が乏しかったのです。

メンタル系を多く扱うブロガーとしてあるまじき失態・・・

 

と、いうことでね。

いろんな病院のHPを見漁って、適応障害に関する情報を

かき集めてまいりました!!!ヘイ!!!

 

 

いつものごとく簡潔にまとめていきたい(つもり)なのですが

まとまらなかったらサラッと読み流していただいて結構です。(笑)

それではレッツゴー!

 

 

適応障害とはなんなんだ?

適応障害とは、主に新たな環境(転職、肉親との離別)などを原因とし、

その環境に体と心が適応できず、ストレスを抱えることで怒る障害の一つであるそうです。

(環境に)適応(できない)障害 ってことですね。

 

▼具体的な症状は?

症状は100人いれば100通りの症状があるようです。

鬱っぽい感じになったり、夜眠れなかったり、そわそわしたり、胃が痛くなったり・・・

体の内外に関わらず、たくさんの症状が現れます。

 

▼治療法を教えんかい!!

主に投薬治療となります。それもあくまで補助的な役割でしかないようですが。

適応障害は環境の変化によって引き起こった一時的なストレスが原因であることが多いので、転職で発症した適応障害の場合はその環境に慣れてしまえば自然と症状がなくなっていくようです。

 

▼うつと何が違うの?

上の綱目でも説明しましたが、適応障害は一時的なもので、原因が解消されれば自然に治ってしまうことが多いです。

それと比べてうつは、原因が解消されても諸症状が続き状態が好転しない、長期的な治療が必要とされています。

 

 

ただ、稀に適応障害の症状が重い場合、うつに発展してしまうケースもあるようですね・・・

 

 

こんなもんでしょうか。

ちなみに私は軽度の適応障害だったので、

時間が経てば自然によくなっていくでしょう、とのことでした。

 

 

 

これを調べている最中に、一番最初に働いていた職場のことを思い出しまして

『あ、あれって適応障害だったのかもな』

なんて思いました。なんて今更なんだ。(笑)

 

 

 

と、いうことでね。

お分りいただけたでしょうか。

もし自分が環境の変わり目に差し掛かった時に、何か心や体に違和感を感じた時は

病院に相談してみるのもいいかもしれないですね。

慣れてしまえばいいのですが、やっぱり最初ってみんな辛いじゃないですか。(笑)

ちょっとしんどいな、と思ったら、お薬の力を借りてみるのも

悪いことではないと思いますよ。

 

 

 

 

はい。

発達障害だと思ってたら全然違った話はこれにて完結です。(笑)

もし仕事に慣れても変わらなければまた病院に行かなくてはなりませんが

・・・大丈夫でしょう(適当)

 

それではみなさんお疲れ様でした〜!

 

 

 

 

一年ぶりにメンクリに行ってきた話

 

 

やあやあ

こんばんは。はなうぇいです。

 

最近はいろんなものを買ったり、遊んだりなかなか充実しておりました。

そんな私はなうぇい、昨日ですね・・・

1年とちょっとぶりにかかりつけだった精神科の方に

行ってまいりました!!

 

なんで?って?

 

ずっと前から受けておきたかった、発達障害の検査を

受けるに値するかの診察でござる。(笑)

事前に電話して確認したところ、約2ヶ月待ちだそう。(笑)

 

どんだけ待つんだよ(笑)

 

そんなこんなで行ってきたわけですが・・・

結果からお話しいたしますと

発達障害の疑いは0ではないが検査するほどではない

ということでした。(笑)

 

ええ、まあぶっちゃけ『時間の無駄じゃねえか!』と思いましたよ。(笑)

ところが、思いがけない収穫(?)を手にしました。

 

 

・・・適応障害!?

 

まず、私が今現在困っている(自分の意思ではどうにもできない)ことがこちら。

 

・仕事中にじっとしていられない

・注意力散漫

・集中力を必要とする作業に『これでもか』というほど集中できない

・↑の症状?が自分の力ではどうすることもできず疲れてしまう。

 

大きく分けてこのような感じです。

 

これを、発達障害なのでは?と疑い先生にお話ししたところ

 

『最近仕事を変えたりしたかい?』

 

と聞かれまして。

まさにビンゴです。そうです、と答えると

 

『その職場が自分に合ってないな、と感じたりはするかい?』

 

うっ・・・

そ、それは聞かないお約束・・・

ぶっちゃけた話、合っているとは思えません。

嫌いではないんですけどね。(笑)

 

私が渋い顔をしていると、先生が

 

発達障害もないわけじゃないと思うけれど、どちらかといえば適応障害に近いと思うなあ』

 

 

適応障害・・・?

 

適応障害ってなんやねん!って思われた方。

ご安心ください。

次回の更新で説明いたします。(笑)

 

本当は一気に書いてしまおうとも思ったのですが

さすがに長くなり過ぎてしまう気がしたのでお許しください。(笑)

 

ちなみに、軽い精神安定剤を一ヶ月ぶんもらって

『辛くなったらまたきなさい』と言われて終わりでした。

本当に優しい先生です。すき。(笑)

 

 

 

と!いうことでね。

明日からまたお仕事なので、この辺にしておきます!

それではみなさんお疲れ様でした〜

 

 

 

 

 

メサコン男に気を付けろ!

 

はーいはなうぇいです。

今日はおやすみだったので、

たっぷり昼寝をしてからジムに行ってきました( °◃◦)

久しぶりにたくさん走れていい気分でござる。

 

 

今日はね、ダメな男にさんざん引っかかってきた

この私はなうぇいが体験した

メサコン男の恐怖

を、みなさんにお伝えしようかなと

思いますん。

 

 

まず、メサコンとはなんぞや?

というところですよね。

メサコンとは、メサイアコンプレックス

略称であります。

メサイア(救世主)である自分に価値を感じる、または人を助けることに優越感を感じるタイプの人のことです。

ざっくり言うと「偽善者」ってところですかね。

 

メサコン男ってね、最初はすごく優しいんですよ。

私が心身ともに疲れきって、もうダメだー終わりだー!って思っていた時に

近付いてきた男性がこのメサコン男でした。

 

まず、メサコン男は話を聞いてくれるんです。

今日仕事でこんなことを言われた、とか

親とケンカになって気まずい、とか

なにを話しても「うんうん」って聞いて

「落ち込まないで」とか

「はなうぇいは悪くないよ」とか

優しい言葉をかけてくれるわけですよ。

男の人って案外、相談や愚痴を持ちかけると

「それはこうしたら?」

「お前がこうしなければ良かったんじゃないの?」

って、正論というか対策というか

落ち込んでる時に言われると心に刺さるようなことを

さらっと言ったりするもんですよね。

しかし、メサコン男にはそれがありません。

何を言っても全部許してくれる、傍から見れば心の広いいい人なわけです。

 

当時の私も、このメサコン男のことを

とても優しい人だと思っていましたし

心の底から信頼しておりました。

 

そして付き合ってから1ヶ月後のこと。

その時ついていた仕事が辛くて辞めたい、と

メサコン男に相談していたはなうぇいでしたが

なかなか離職する決心がつかず、ズルズルと続けてしまっている状況でした。

そんな時に突然その男から

「まだ仕事辞めないの?」

とのメッセージが。

「うーん辞めたら収入なくなるからなぁ」

みたいな事を返した気がします。

 

ここからがメサコン男の真骨頂

 

「は?なんで辞めないの?」

 

「あれだけ辞めたいって言ってたのに」

 

「さっさと辞めろよ」

 

「もう話にならない」

 

「二度と連絡してくるな汚物

 

 

汚物て・・・

このようにね、自分の思い通りにならない(自分が救世主になれない)と

ブチギレてくるんですね。(笑)

本当にビックリしました。

それまで暴言なんか吐いたことなかったのに

突然ですからね。(笑)

 

 

優しい男性っていつの時代も

人気がありますけれども

こんなメサコン男も中には混ざってるかもしれないのでね。

女性の皆さんは充分にご注意くださいませ。(笑)

 

 

以上、メサコン男に気をつけろ!でした。

 

 

 

 

一年以上前の話ですが

この時の彼は結婚してもいいくらい優しかったんですよ・・・

でも早めに気付いてよかった・・・(笑)

みんなも気を付けるんやで( ˙-˙ )

 

 

それではお疲れ様でしたー

 

 

 

 

内視鏡検査に行ってきたレポ

 

 

はいはいこんばんは

はなうぇいでございます。

ここ一、二週間ビックリするくらい休みが少なくてですね

仕事とジムだけでいっぱいいっぱいになってしまい

このブログをなかなか更新することができませんでした・・・

許して・・・時間が足りないの・・・

 

来週あたりからまたちょろちょろと

更新できるかな、と思うのでね

ご理解くださいませ(ᵕ≀ ̠ᵕ )

 

 

と、いうことで本題に入りましょう。

 

 

人生初!内視鏡検査に行ってきたレポ

 

はい。

今日、お休みだったのですけれど

人生で初めての内視鏡検査に行ってきました!!

まだ20歳なんですけどねぇ・・・

お腹の調子が悪すぎてですねぇ・・・

 

同年代の人たちにとってみれば

健康であればまだまだ縁のないものだと思いますが

いつ胃がおかしくなるかわかりませんし

内視鏡検査って痛いの?とか色々ですね

気になるところがあったりするのかな、と

思いますのでね。

どんな流れか、どれくらい痛かったかなど

簡単にですが書いていこうと思います!

 

 

内視鏡検査その1

なんかよくわかんない液体を飲まされる

(どうやら胃の中の気泡を無くす液体らしいです。すこしとろみがありました。美味しくなかったです。)

 

内視鏡検査その2

鼻の奥を広げ、通りを良くする薬を鼻に注入

(これは鼻からの内視鏡を選んだ方の場合です。これも美味しくなかったです。)

 

内視鏡検査その3

鼻の奥にかける麻酔を注入

(麻酔の第一段階です。ちょっとドロっとしてて飲み込みづらい。この時に通りのいい方の鼻を選ばされます。これも美味しく(ry )

 

内視鏡検査その4

内視鏡検査室に移動。鼻の穴に管をぶち込まれる。

(ここがめちゃくちゃ痛かったです。スルッと抜けるポイントを見つけるまでが我慢。この管にも麻酔が塗ってありました。このあたりでもう鼻の穴に異物感はなかったです。)

 

内視鏡検査その5

管を入れ替え2本目をぶちこまれる。

(さっきのよりもちょっと太めの管です。これにも麻酔が塗ってありました。こっちは意外とスルッと入りました。)

 

内視鏡検査その6

いよいよ内視鏡本番!

(部屋を暗くしたら管を抜いて、内視鏡本体が鼻の穴からお腹の中に入っていきます。喉を通る時に少しオエッとなったくらいで、あとは少し気持ち悪い感じがしたくらいです。)

 

内視鏡検査その7

胃を膨らませる薬を注入

(スプレーみたいな感じの薬でした。直接胃に何かを入れられるって不思議な感覚でした。)

 

内視鏡検査その8

先生と一緒に自分の胃を見てみよう

(先生が軽くですが説明をしながら胃の中を見せてくれます。あとしきりにシャッターが切られていました。)

 

内視鏡検査その9

検査終了。あとは結果を聞くのみ!

(これで検査は終わりでした。検査後の注意点を説明されて、診察室に呼ばれ写真を見ながら説明、そしてお会計)

 

 

ざっと、内視鏡検査の流れです。

そしてここからがはなうぇい's point。

 

・思ってるより苦しい

・終わったあとのほうが辛かった

・ゲップ我慢できるわけねぇだろ

 

 

「鼻の方が苦しくないので鼻からにしましょうね〜」

と言われるがままに鼻からの内視鏡になった私でしたが

実際やってみた所、なんにせよ苦しいです。(笑)

口からだともっと嗚咽が酷いのかも知れませんが

苦しくない!ってほどではないかなぁ、というのが率直な感想。

 

そして、途中で胃を膨らます薬を使ったわけですが

胃の中にガスが溜まっている感覚です。

そしたらゲップしちゃうのが人間の身体の仕組み。

でも「我慢して!!」って言われます。

出来るわけねえだろ口開いてるんだよ!!

 

最後に、終わったあとのほうが辛い。

これはですね、ガスがうまく排出されない私の体質なのかも知れませんが

検査後2時間くらいは本当に

胃が破裂しそうな痛みに襲われて冷や汗をかきました。(笑)

しばらくすればゲップやおならで排出されるのですが

それでもやっぱり辛かった・・・( ˘ω˘ ) 

 

 

私の検査結果は

急性胃炎(治りかけ)、慢性胃炎、軽度の逆流性食道炎

というものでした。三つもあったのかよ。(笑)

強めの胃薬と、原因不明の下痢のため整腸剤、下痢止めを処方してもらい

今日の検査がすべて終わりでした。

ちなみにですが、胃の組織を取ったり薬が増えたりしたので

かかった費用はくすり含め、トータルで10000円を少し超えるくらいでした。

 

 

 

感想としては、

二度と受けたくない

この一言に尽きます。(笑)

歳を取れば誰でも受けなくてはならない内視鏡検査ですが

若いうちでも消化器には気を使って

内視鏡検査など受けることのないように

することを強くおすすめいたします・・・

まじで疲れた・・・辛かった・・・

 

 

と、いうことでね。

みなさん食べ過ぎ飲み過ぎ、ストレスの溜めすぎには十分にご注意くださいね。(笑)

 

それでは内視鏡検査に行ってきたレポでした!

お疲れ様でした〜( ˘ω˘ ) 

 

理由は言い訳の塊でしかない

 

よっ(   ¯ ﹀ ¯   )

やっとお休みが貰えたはなうぇいです。

と言っても、今日は生理痛と腸の調子が悪くて仕事を早退してしまいましたが。

まったくロキソニン仕事しろよまじで。

 

と、いうことでね

今日はある種の決意のような記事を

書いていこうかなと思いますん。

長くなるけれども読んでいただけると嬉しいゾイ!

 

 

 

ゴールデンウィーク中にですね

このブログの何かの記事(覚えてない)に

登場したであろう友人と遊んだ、というか

意見交換というかそんな場を設けまして

いろんな話をしたんですけれども

話の流れで、いつの間にかそう遠くはない未来の話になりました。

簡単に言ってしまえば「やりたい仕事」の話です。

今まで、このブログで私はさんざん

「やりたいことは無い」発言を繰り返してきましたが

あれは嘘です。(大暴露)

やりたいことあったんですよ。

しかも超ギャンブル級の。(笑)

失敗したら一生笑われるような。(笑)

 

まあそれは置いておいて。

その友人は、学校に通う傍らではありますが

やりたいことというか、楽しそうなことを見つけた!

と、とても楽しそうに話しておりました。

その内容が私が理解できる内容では無かったので

詳しいことを全く思い出せませんが

話している友人はとても楽しそうでした。

羨ましい、と素直に思ってしまいましたし

口からも出てました。本音。(笑)

 

「はなうぇいはやりたいことないの?」

 

突然聞かれて大いに焦りました。

なんせ誰にも具体的に話したことのない夢物語ですから、私のやりたいことって。(笑)

 

「えっあっあるっちゃある、かな」

 

口が滑ったァァァァ!!

 

あまりに突然だったもので、

心が嘘をつく準備をしておりませんでした。

はなうぇい一生の不覚。

 

何やりたいの!?と爛々とした目で見つめられましたが

あまりに恥ずかしいのと、口に出してしまえば

ずっと憧れていた夢では済まなくなる気がして

ビビって言えませんでした。(笑)

 

それを察したのか、友人が今度は

「ねえ、なんでやらないの?」

ってなことを聞いてくるわけです。

私がその夢に挑戦しない理由とは

・初期投資に使えるお金もない

・自分なんかに才能があるわけない

・失敗した時のリスクが高い・・・etc...

あげればキリがないですが、大体こんなもんです。

それを聞いた友人が一言。

 

「人間さ、やろうと思えば何でもできるよ」

 

お前はまあよくも簡単にそんなことを・・・

と思ったのですが、よくよく話を聞けば

耳が痛くなるようなことばかりでした。(笑)

 

「お金なんて働いてるんだから節約すればいい」

「才能のあるなしはやってみないとわからない」

「失敗した時のことなんて考えたって仕方ない」

 

はい、たしかにその通りです。(笑)

踏み出せない理由って、なんかにこじつけて固めたただの言い訳で

本当はただ怖かっただけなんですよね。

 

そしてこの友人、只者ではない。

 

「同い年の奴らがやりたいこと見つけて楽しんでるのに、自分何してるんだろって思わない?」

 

思う、めっちゃ思う。

 

「そう思うんならやっちゃえよ」

「馬鹿になった方が勝ちだと思うけど」

「あと何年あるかわかんない人生、楽しく生きたくない?」

 

はい。全くその通りでございます。

 

そこからもお互いの謎の褒め合いや、議論が続いたのですが

話がズレるのでここまで。

 

 

この、友人との意見交換会を終えたあと

1人で色々考えてみたりもしたのですが

やっぱり出てくる弱虫の自分。

自分の敵は自分ですね。

ビビってる自分に激を飛ばして

なんとか「とりあえず最低限必要な道具くらい集めてみようかな」

くらいには思えるようになりました。

 

なにをやろうとしてるのか

そこはみなさんの知りたいことではないでしょうから

(元々この記事自体みなさんの以下略)

書きません。あと恥ずかしい。

誰にも言わないで、秘密にして

自分で自分を許せるくらいのモノに仕上がったら

お見せできるかな、と思います。

一生見せないかも知れませんが。(笑)

 

 

いやぁ、人との意見交換って大切ですね。

この友人、常に野心を燃やすタイプなので

話す度に刺激されます。

遊んで、日常や恋愛の話をする友人もいいですが

こういった『やる気を伝染させる』タイプの

友人も持ってみるものですね。

 

 

 

 

はい。

久しぶりの約2000文字の記事。

よくこんなに言葉が出てきたなあ

モチベーションが上がってる証拠なのだろうか・・・( ˘ω˘ ) 

 

と、言うことでね。

明日以降またスローペースになると思うので

気長に待っておくれやす~

 

それではお疲れ様でした!

 

 

褒められるとダメになるタイプ

 

いぇーい(疲労感)

新しい仕事が始まって疲れがすごいはなうぇいです。

 

 

褒められると伸びるタイプ

ってよく聞くじゃないですか。

私は今まで自分がこのタイプだと思ってたんですね。

いや、周りに言われて思い込んでいたんです。(笑)

 

しかし、新しい仕事を始めて

ふと我に帰りよく考えてみたところですね・・・

 

褒められるとダメになるタイプ

 

であったことが判明いたしました。(笑)

ダメになるってどうダメになるのか。

私の場合では、褒められると調子に乗ると言いますか

自分の能力を過信するんです。

バカですね~

 

例えば「字が綺麗だね!」と

褒められたとしましょう。

それを言われると私はもう天狗です。

全人類で自分が一番字がうまいんじゃないか

ってくらいの天狗になります。うそ。(笑)

まあ、私は字がうまいって思い込むんです。

そこで例えば私よりも明らかに字が綺麗な人に

出会ってしまった時(ザラにいますが)

めちゃくちゃやる気をなくすんですよ。(笑)

 

自分勝手すぎる性格ですね。(笑)

 

何でこうなったのか分かりませんし

なんなら自己愛性人格障害まであると思います(適当)

こんな性格嫌だなあ、と思いながら

やる気をゼロにしないように

ギリギリでやり過ごす日々です。ね。

 

かと言って褒められないと拗ねるので

なかなかタチが悪いというか

めんどくさいですねほんと(他人事)

 

 

でもまあ変えられるものでもないし

うまく付き合っていくしかないのかな

なんて諦めたりもしています。(笑)

 

まだまだ新しい仕事にも慣れませんし

覚えることも多いし、苦手な接客だし

ストレスなのかお腹を毎日下しますが

はなうぇいは元気です。

 

 

みなさんも五月病とかなんとか

色々お互い苦労しますが

ぼちぼちやって行きましょうね〜

 

 

短めですが今日はここまで。

それではお疲れ様でした~

胃「破裂するやで^^」

 

やあやあやあ

はなうぇいだよ( ˘ω˘ ) 

猫にふみふみされながらの更新でござる。

 

ついにね、私はなうぇい

仕事を辞めまして。

ゴールデンウィーク明けから

新たなお仕事に就くことになりました~

なので今は普通にゴールデンウィーク

満喫しております(家の中で)

もちろんジムにも週4でずっと通ってるし

夜はサラダを食べてますが

朝昼しっかり食べて豆乳飲んで

めちゃくちゃ健康体のつもりだったんです。

 

つもりだったんです(2回目)

 

いや、実は数ヶ月前からですね

月に2、3回のスパンで

胃が破裂するんじゃないか

ってくらいお腹が張ることがあったんですよ。

今までは「なんか胃が張ってるな~ちょっと痛いな~」

くらいだったんですが

昨日の夜いつものようにジムに向かいまして

着替え始めた頃からなんだか胃がおかしい気がしてたんです。

でもね、運動しないと来た意味が無いですから

(ちなみに片道30分かけて歩いてます)

ストレッチをしてからさあやるぞ!

と思い、腹筋のマシーンを始めたわけです。

するとですね。

 

胃「パンパンやで^^」

 

もうほんとに破裂するんじゃない!?

ってくらいに胃がパンパンになってる事に

気が付きまして・・・

うわーオナラとか出たらやだなあ

ってアホみたいなこと考えてたんですが(笑)

もうそこから普通に歩けないほどの激痛。

痛すぎて顔が歪むくらいです。1人で来てるのに。(笑)

さすがに無理したらやばいな、と思って

早々に切り上げて大人しくバスで帰宅。

 

まあ帰ってじっとしてれば治るかな

って思ってたんです。いつもそうなので。

ところがどっこい、二時間経ってもまだ痛い。(笑)

さすがに明日病院かなぁ・・・なんて覚悟したその時・・・!!

 

屁「ブフ~」

 

めっちゃでるやん???

汚い話ですけどね、やっと溜まってたガスが

抜けてくれました。病院回避(ᵕ≀ ̠ᵕ )(笑)

 

 

一旦は落ち着きましたが、定期的に来る張りなので

ちょこちょこ調べてみました。

 

Google先生「ストレス性胃炎^^」

 

えぇ・・・

ストレスになるような事、最近浮かばないんだけどなー

とも思ったのですが・・・

あまりに深い闇からよじ登ってきたはなうぇいは

メンタルこそ強靭になったものの

身体がそれについていってない感じは

確かに前からありましたし・・・

単純に身体の疲労を省みていなかったこともまた事実。

 

ゆっくり休むか・・・

 

そう思わせていただきました。(笑)

あ、なんだかストレス性胃炎は慢性化すると

胃潰瘍に素敵な変身を遂げるので

次痛くなったらさすがに消化器科行きます。(笑)

 

 

みなさんもね、ストレス大国日本に

生きる同士として

消化器には気を付けましょうね・・・

ほんとに痛いからね・・・

 

 

 

 

はい。

4ヶ月ほど細々と続けているこのブログ。

1500アクセス突破いたしました!

感謝でございます・・・!!

更新が不定期すぎるし誰得記事過ぎるのに

定期的に見に来てくださる方がいる、

その事実だけではなうぇい嬉しい( ・ᴗ・̥̥̥ )

 

そんなこんなでこれからもよろしくね。

次の更新は気長に待っててね。

あでゅー( ˘ω˘ )